ありよし社長のブログ


有限会社ありよし地建   代表取締役有吉淳司
by j_ariyoshi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
HP
 有限会社ありよし地建
 市来葡萄園
FaceBook
 ありよし社長のFacebook
BLOG
 ETOUちゃん奮戦記
 ぶどう農家に嫁いだら
ランキング参加中!
 ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アパート、マンション経営の敷金問題

アパートやマンション経営をお考えのお客様へ!
 
最近、私が生まれ育った福岡県宮若市は、トヨタ自動車九州工場のおかげでアパートが沢山建築されています。しかし、供給過剰で空室が目立つのが実情です。
 本日も、飯塚市内でアパート経営をお考えのお客様よりご相談をうけたまわりました。私は、全てのお客様へお話させていただいているのが『敷金問題』です。
 補修費を敷金で賄っているうちは、後々まで返還訴訟にびくびくして過ごさなければなりません。
 私がお勧めするのは、『すべて敷金、礼金ゼロ。退去補修費の取り扱いは国のガイドラインを忠実に守る。自然損耗分は家主が負担し、故意に傷つけなければ、借り主は一円も負担することはない』
 米国では『敷金、礼金を取らない』のが当然。使い道が不透明な敷金の廃止をお勧めします。
 この考えに賛同する家主様は徐々に増え、敷金、礼金をゼロにしたことで「空き部屋が減った」と好評。入居率が上がって家賃収入が増えれば、家主側で補修費を負担しても十分お釣りがきます。退去者とのトラブルも「ゼロ」になります。
 少子化に伴い空き家が増えれば、家主にも競争の時代が来ます。家主様も敷金制度に疑問を持っておられ方も多く、不動産会社もこれまでのやり方では、淘汰されることでしょう。
[PR]

by j_ariyoshi | 2008-06-12 17:50 | 不動産
<< もう梅雨明けしたみたいに暑い! 八木山で『梅ちぎり』が楽しめます! >>